深部静脈血栓症と自転車生活

アクセスカウンタ

zoom RSS  1月15日 お茶の水にある某大学病院へ

<<   作成日時 : 2010/01/16 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 昨年1月あたりから始まった右耳の耳鳴りは、治まるどころかだんだん酷くなってきている。
まあ一日中鳴っているわけではなく、鳴っていない時(かすかに鳴っている)もあるんだけどね。
この耳鳴りが一番酷い時は、テレビの音声や人としゃべっている時の相手の声に、ノイズが入って聞こえる。
最近ちょっと、ウンザリしてきてるんだよねー
で、深部静脈血栓症で診てもらっている医師に紹介状を書いてもらい、お茶の水にある某大学病院の脳神経外科を受診することとなった。

 この大学病院にかかるのは、昨年9月以来か。
同じくこの右耳の耳鳴りのため耳鼻科にかかったんだけど、耳の機能には異常はなく、結局原因不明ということだった。
分かったことは、右耳が、高音の感音性難聴であることぐらい。
まあ原因分からずじゃー通院する必要もなく、そのまま放置していたんだけど、耳鳴りは治まらない。
で、今回は脳神経外科受診となった訳。
本当は昨年12月にでも受診すれば良かったんだけど、前もって受診予約を取りに行ったところ、受付で予約は要らないと言われ、そのままついつい受診するのを先延ばしにしてしまっていた。
「いつでも受診できますよ」なんて言われちゃうと、安心して、受診するのを忘れちゃうんだよねー
それに、私の住まいから、お茶の水って遠いし。

 脳神経外科の待合室は、この大学病院の耳鼻科と違い、診察を待つ人の姿は少なかった。
って少ないというよりも、ガラガラと言ったほうがいいか。
しばらく待って私の番となった。
まあ今日は、簡単に現在の右耳の耳鳴りの状況を話すだけで、後は検査の予約を取ることが目的だったから、問診は、あっという間に終わった。
で検査(MRI検査)の日程は、来月(2月)末に。
やはり大学病院でのMRI検査だけあって、一か月以上待たされるのはしょうがないんだろうね。
検査の予約を取ったついでに、医師に、(耳鳴りの)原因が判明するとしたら何が想定されるか聞いてみた。
するとやっぱり返ってきた答えは、脳腫瘍とのことだった。
もっとも、腫瘍が見つかったからって、即手術ってわけでもないらしい。
進行性の悪いやつだったら別だが、小さいのだったら、そのまま放置となる可能性もあるようだ。
ってことは、耳鳴りの原因が分かろうが分かるまいが、先行きはあまり良くはないってことか。

 診察が終わって受付に寄り、さて帰ろうとした時に、壁にこんなものが貼ってあるのが目についた。




こんなに初診時にお金を取られるんだったら、患者は皆紹介状を持ってくるしかないよねー
って、何か医療費についての制度が改定されたのかな?


ランキング参加中!!
blogram投票ボタン
↑クリックしてね!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
1月15日 お茶の水にある某大学病院へ 深部静脈血栓症と自転車生活/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/10 01:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


こんにちは!東京も最近は、だいぶ寒くなってきました。 ところで、もうFirefoxを使ってみましたか?まだでしたら、試してみませんか? 私のおすすめです。この下のバナーをクリックして、今すぐにダウンロード!!!
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Firefox3 Meter
 1月15日 お茶の水にある某大学病院へ 深部静脈血栓症と自転車生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる