深部静脈血栓症と自転車生活

アクセスカウンタ

zoom RSS  7月14日 通院日

<<   作成日時 : 2009/07/17 11:36   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



 約4週間ぶりの通院日!!!

 今日の診察での話題は、やはり現在大学病院で検査中の、右耳で起こる耳鳴りふらつきについてとなった。
大学病院での純音オーディオメトリー検査の結果は、こちらの病院にも届いていた。

 右耳が高音だけ聴こえづらくなっていることについて
医師:「ヘッドホンなんかをよく使っていたらなるんだけど、右耳だけだからねー」
純音オーディオメトリーの結果によるグラフでは、左右の耳とも途中まで全く正常値なのだが、高音に限って、右耳だけガクッとグラフの直線が落ちてしまう。
まあ大学病院での検査をもうちょっと見てみないことには、原因とかわかりまへんな!

 潰瘍性大腸炎の方は、薬(ペンタサ)が効いているためか、落ち着いている。
もっとも、通院日の今日の朝は、ちょっと下痢気味だった。
原因は病気ではなく、前日から東京も猛暑となり、熱帯夜の中、腹を出して寝てしまったからだ。

 左足(閉塞性深部静脈血栓症)の状態も、左足つけ根のあたりの深部静脈が完全に塞がっていて、血液の逆流も多量に見られるわりには、今だ良好!!
もっとも、相変わらず、階段の上りは辛いんだけど。
前回の通院日記事には書かなかったのだが、11年前発症時から私の左足は、腫れはしても肌の色が赤黒くとかに変わったことは一度も無い。
そのことを、担当医師に聞いてみると・・・・
「ラッキーだったんでしょう。静脈の機能が、ちゃんと残っているのだから。」

 深部静脈血栓症で足が腫れたりした人の中でも、あまり痛みも無く気付かないうちに足が赤黒く腫れてしまった人が、けっこう多いようだ。
この様な人達は、おそらく血栓が詰まった部分の静脈・静脈弁の機能がおかしくなるだけではなく、当然その他の静脈にもダメージがあるのだと思う。
そうなると問題は、たとえ詰まった血栓が除去されたとしても、解決とはならないのではないだろうか?
私の場合は、11年前の8月のとある朝、目覚めた時に、強烈な左足の痛みとともに発症した。
病院に入院した瞬間から、左足は弾力包帯によって、足先から足のつけ根までぐるぐる巻きに締めつけられる処置をされた。
まあそういった処置も良かったから、現在に至るまで、左足の皮膚の色が変わるようなことが無く済んでいるのだろう。

☆今日のお持ち帰り品
 ・ペンタサ 一日6錠(2錠×3回) 35日分
 ・バイアスピリン 一日1錠・・・・・35日分
 ・本草芍薬甘草湯エキス顆粒 一日3袋(1袋×3回) 35日分


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文


こんにちは!東京も最近は、だいぶ寒くなってきました。 ところで、もうFirefoxを使ってみましたか?まだでしたら、試してみませんか? 私のおすすめです。この下のバナーをクリックして、今すぐにダウンロード!!!
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Firefox3 Meter
 7月14日 通院日 深部静脈血栓症と自転車生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる