深部静脈血栓症と自転車生活

アクセスカウンタ

zoom RSS  スタンドアップ (2005)

<<   作成日時 : 2008/07/13 08:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2


【NORTH COUNTRY】
全米で最初にセクシャルハラスメント訴訟に勝った実在の女性をモデルに映画化した感動ドラマ。

画像


allcinema ONLINEより
子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。

鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。

そんな中、ジョージーは子供たちのために、自立を目指して、鉱山で働きだす。

だが職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていた。

鉱山労働者として働くシングルマザーが、男性社会の中で立ち上がっていく姿を、実話に基づいて描く感動作。

『モンスター』で主演のシャーリーズ・セロンが、入魂の演技を披露。

女性の脆さと強さという相反する両面をクロースアップひとつで表現してしまう様に、胸が詰まるような感動を呼び起こされる。

脇を固める俳優陣にもこれ以上ない実力派がそろった。

フランシス・マクドーマンド、シシー・スペイセクの両オスカー女優に加え、堅物な父親を演じるリチャード・ジェンキンズの号泣必至の名演も見逃せない。

監督は『クジラ島の少女』の監督ニキ・カーロ。

ミネソタの風景を登場人物の一員のように切り取り、ドラマに立体感をもたらしている。



 この映画は、ずっと見ないで、ハードディスクの肥やしとなっていた。

だが、とても良い作品だと思う。


 セクシャルハラスメントを考えるのに、都合の良い映画だと思う。

遥か昔の国家全体の経済が安定していた時代であったなら、夫が働き賃収入を得、妻は家庭を守ることが理想的であった。

しかし経済が流動的となり、労働者が解雇されるような事態もあたり前のようになると、DVやそれに伴う離婚なども増えてくる。

この映画の主人公ジョージーも、DVから逃げるような形でシングルマザーとなる。

子供を養っていくためにもある程度の賃収入が必要となるのだが、この映画の舞台となるミシガン州の鉱山で成り立っている町では、学や資格の無い彼女のような者の場合、鉱山で働くしかない。

これは、経済が衰退している時期には、悪循環ともなりえることだ。

主人公ジョージーがDVを受けた根本理由も夫の解雇なら、女性が男性社会の職場へと進出していくことは、男性の雇用を圧迫することにもつながる。

そういった背景が、この映画の中での鉱山という職場にあるのだが、もう時代は後戻りは出来ない。

いやおうなくも、女性の男性社会の職場への進出は、認められていかなければならないのだ。


 北海道と同じように冬場は厳しい気候のなかで、ハイスクール時代にレイプされて出来た子供に出生の秘密を悟られないようにしながら、子供のために生き抜いていこうとする女性:ジョージーを、シャーリーズ・セロンが好演している。

モンスターでの演技も、とても良かった。

それが、なぜに、イーオン・フラックスなんかに出るのか?

ハル・ベリーが、『X-MEN: THE LAST STAND』でのアクションについて語っていたことを思い出す。

「派手なアクションがやりたかった」と。

役者としては、いろんな可能性にチャレンジしたいのだろう。

たとえ批評家連中からは、悪評を叩かれようとも

このあたりは、役者としてと、見る側とですれ違う部分なのだろう。


 とても良い映画だったのだが、惜しむらくは、主人公ジョージーを弁護することとなるビル・ホワイト(ウディ・ハレルソン)の人物描写(過去のこととか)が、少し弱いところか

男性にもだが、女性それもシングルマザーにおすすめしたい映画だ。



ミネソタ州 (Minnesota MN) は米国中西部の北、カナダ国境に接する州。州の東にはスペリオル湖があり、州の南北をミシシッピ川が流れている。

東側はウィスコンシン州に、西側はノースダコタ州とサウスダコタ州に、南側はアイオワ州に接している。

州都はセントポール市。ミシシッピ川を挟んだ隣の都市であるミネアポリス市と合わせて「ツインシティーズ」と呼ばれている。

ミネソタの名前はダコタ族(アメリカ・インディアン)の「空の色に染まった水」を意味する言葉から取られている。





allcinema ONLINEより
監督: ニキ・カーロ
製作: ニック・ウェクスラー
製作総指揮: ヘレン・バック・バートレット
ナナ・グリーンウォルド
ダグ・クレイボーン
ジェフ・スコール
原作: クララ・ビンガム
ローラ・リーディー・ガンスラー
脚本: マイケル・サイツマン
撮影: クリス・メンゲス
プロダクションデ
ザイン: リチャード・フーヴァー
衣装デザイン: シンディ・エヴァンス
編集: デヴィッド・コウルソン
音楽: グスターボ・サンタオラヤ

出演: シャーリーズ・セロン: ジョージー・エイムズ
フランシス・マクドーマンド: グローリー
ショーン・ビーン: カイル
リチャード・ジェンキンス: ハンク・エイムズ
ジェレミー・レナー: ボビー・シャープ
ミシェル・モナハン: シェリー
エル・ピーターソン: カレン・エイムズ
トーマス・カーティス: サミー・エイムズ
ウディ・ハレルソン: ビル・ホワイト
シシー・スペイセク: アリス・エイムズ
ラスティ・シュウィマー
ジョン・アイルウォード
ザンダー・バークレイ
クリス・マルケイ
ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
アンバー・ハード

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー
スタンドアップ (2005) 深部静脈血栓症と自転車生活/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー
2013/07/04 02:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは。

 話題的には、タイムリーですよね。
 今は、何を言っても、何をやっても女性の受け止め方で、セクハラということになりますから・・・
 ここに問題があるとは思うんですが。
 これからの時代、そうは言っても訴えられたら負けですから・・・
 結局、話さないというようになってしまいますよね。
 君子、危うきに近寄らず・・・
 おかしな、世の中になりました。
 冗談の一つも言えないなんって。
まさむら
2008/07/13 22:11
まさむらさんへ
えーっと
もしかして
セクハラやっちゃいましたか?
妙に意味深なので・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・・

さとし
2008/07/14 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文


こんにちは!東京も最近は、だいぶ寒くなってきました。 ところで、もうFirefoxを使ってみましたか?まだでしたら、試してみませんか? 私のおすすめです。この下のバナーをクリックして、今すぐにダウンロード!!!
Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Firefox3 Meter
 スタンドアップ (2005) 深部静脈血栓症と自転車生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる